日本チャールス・リバーの動物福祉

チャールス・リバーは人類の健康に寄与するため、世界規模で医薬品や治療法研究をサポートしています。その研究には実験動物が現在も不可欠であり、実験動物を使用する研究には3 Rs * の原則を徹底することが求められています。我々、日本チャールス・リバーでは3 Rs * に基づいて2005年に動物福祉憲章を制定し、全ての社員は実験動物の生産・保管・配送、受託飼育サービス、試験サービス等のあらゆる活動の中で、動物福祉を徹底するよう誓約しています。また、2002年より実験動物福祉委員会を設置し、同委員会が中心となって動物福祉の向上、発展とその啓蒙について真摯に取り組んでいます。

日本チャールス・リバー動物福祉憲章

私たちは、

  • 人々の健康増進に寄与し、生命科学の発展の為に動物実験が不可欠であるとの認識に立って動物に接します。
  • 実験動物の生命を尊び、慈しむ念をもって動物に接します。
  • 実験動物に関する知識を深め、習性を熟知し動物に接します。
  • 実験動物の生活環境の保全に配慮して、適正な取り扱い体制を整えます。
  • 実験動物の苦痛や虐待に通じる行為を戒め、適切な手段で動物に接します。
  • 法規や指針を遵守・尊重し、幸せで豊かな社会の発展に尽力します。



なお、動物福祉憲章の下には目的に応じて各種規程や指針、ガイドラインを設け、動物福祉体制の充実を図っています。また、これら規程はさらに様々な手順書によって詳細な方法や運用が決められ、実行されています。

  • 実験動物福祉規程 (2005年4月1日 制定)
  • 実験動物福祉委員会規程 (2002年5月1日 制定)
  • 動物福祉教育規程 (2005年3月1日 制定)
  • 動物実験指針 (2004年4月1日 制定)
  • 動物実験計画申請ガイドライン (2008年9月11日 制定)

* 3 Rs : 1959年に提唱された動物実験に対して持つべき基本的な配慮で、Replacement (代替)、Reduction (削減) 及びRefinement (洗練) のそれぞれ頭文字を示しています。今日では、実験動物を使用した研究の計画 / 実施における全世界共通の福祉的理念となっています。チャールス・リバーはこの3 Rsに、さらにRespect (敬意)、Responsibility (責任) 及びReassessment (再評価) を加えた6 Rsによって、常に動物福祉の改善に向き合っています。