活動内容

法令順守(コンプライアンス)

日本チャールス・リバー株式会社は法令順守を会社方針の一つにしています。倫理規定に当たる「行動規範」を定め、従業員が仕事上又は社員として守るべき行動基準を定めています。法律が施行、改正される毎に、関連する規定を変更し、社員が順法の精神を保てるようにしております。ここでは、コンプライアンスの3つの取り組みについて紹介いたします。


組換えDNA遺伝子・動物福祉・安全衛生委員会

Mission1 組換えDNA「安全委員会」について

「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様化の確保に関する法律」(いわゆるカルタヘナ法)が平成16年2月19日に施行されました。それに基づき、弊社では、遺伝子組換え生物等の使用等のうち第二種使用等に該当する遺伝子組換え生物の使用、および産業上の使用に関してその安全な取り扱い、および遵守すべき安全確保の基準を示し、安全かつ適正な実施を図ることを目的として、組換えDNA「安全委員会」を設置しています。上記規定を2004年10月1日より定め、安全な取り扱いについて検討を実施しております。
安全委員会の構成は、研究開発及び産業上の使用等に係わる部門長、実験責任者、遺伝子組換え生物等の特性に関して専門の知識を有するもの、及び総務部門長により構成されており、取り扱いに対する申請内容の審議を行っております。

Mission2 動物福祉について

2006年に動物の愛護及び管理に関する法律(動愛法)が改正され、また同時に実験動物の福祉に関する基準、ガイドライン等も改正あるいは新たに制定され、実験動物福祉はますますその重要性を増しています。
日本チャールス・リバーは動愛法の改正前から、実験動物福祉憲章を定め、実験動物福祉を社是の一つとしてまいりました。実験動物福祉憲章は社内の各所に掲 示され、社員は憲章を常に目にしております。また、社員は入社時に必ず動物福祉教育を受け、その後も定期的に教育を受け動物福祉に関する自覚を新たにして おります。
動物実験の公正化のために日本学術会議および行政のガイドラインが設置を求めている動物実験委員会の名称を「実験動物福祉委員会」と し、動物実験計画の事前審査だけにとどまらず、教育、動物福祉に関わる内部監査なども実施し、動物福祉を推進しております。また、米国Charles River Laboratoriesの動物福祉専門家とも緊密な連絡を取り、世界最先端の動物福祉を目指し努力しております。


Mission3 安全衛生委員会の取り組みについて

労働安全衛生法第十九条に基づき、常時50人以上の労働者を使用する事業場では、毎月安全衛生委員会を開催しています。
委員は各職場より選出され、事業場の労働災害の潜在的危険を低減し、事業場における安全衛生水準の向上や快適な職場環境の構築を目的とした提言・取組みを行っています。
また、産業医による定期的な職場巡回も実施しており、安全衛生委員会へのアドバイスや会社への提言も適宜行われています。