沿革

 
1972年12月
味の素株式会社と米国チャールス・リバー・ブリーディング・ラボラトリーズ社(後にチャールス・リバー・ラボラトリーズ社(CRL)と社名変更する)が各々出資率50%の合弁会社、日本チャールス・リバー株式会社を設立。
1975年 5月
9月
神奈川県厚木市に実験動物飼育施設(厚木飼育センター)竣工。
実験動物用床敷「ホワイト・フレーク」発売。


1976年 4月
5月
10月
11月
CD(SD)ラット発売。
CD1(ICR)マウス発売。
近交系マウス各種(BALB/c、C57BL/6N、C3H、DBA/2N)発売。
F344ラット発売。
1978年 1月
5月
実験動物用飼料「CRF-1」発売。
実験動物用床敷「ベーター・チップ」輸入販売開始。
1981年 1月
10月
SHRラット発売。
CBA/JNマウス、CD1(ICR)ヌードマウス、WKYラット発売。
1982年 1月
4月
7月
LEWラット発売。
Wistarラット発売。
大阪営業所開設。
1983年 2月
5月
10月
米国チャールス・リバー・リサーチプライメイツ社より実験用サルの輸入販売開始。
The Jackson Laboratoryのマウス輸入販売業務開始。
SPF Hartleyモルモット発売。
1984年 6月
12月
実験動物用床敷「サンフレーク」発売。
NZBWF1nマウス発売。
1985年 2月
滋賀県蒲生郡に実験動物飼育施設(日野飼育センター)竣工。

1986年 4月
11月
東京営業所開設。
Marshall Beagle輸入販売開始。
1987年12月
チャールス・リバー・バイオサービス株式会社設立。
1988年 3月

4月
10月
MRL-lprマウス発売。
加齢動物本格発売。
北山ラベス(株)宮田分室においてSPF Hartleyモルモット出荷開始。
BALB/cヌードマウス発売。
1989年 4月
実験用「シーアイSPFブタ」発売。
1990年 3月
チャールス・リバー・バイオサービス(株)を吸収合併。
1991年 1月


4月

10月
12月
Donryuラット発売。
モノクローナル抗体受託生産(CRL)、細胞安全性試験受託開始(米国QBI社、英国QBI社〔後にQ-One社〕の日本総代理店として)
筑波営業所開設。
実験用ミニブタ「ユカタンマイクロスワイン」出荷開始。
BNラット発売。
LECラット発売。
1992年11月
茨城県石岡市に実験動物飼育施設(筑波飼育センター)竣工。
1993年 5月
11月
仏IFFA CREDO社実験用ネコ輸入・販売開始。
C.B-17-scidマウス発売。
1994年 1月

8月
NZBWF1マウス国内生産供給終了。
米国In Vitro Technology社のアジア地区代理店業務開始。
SPAFAS社SPF Egg輸入販売開始。
1995年 7月
12月
CD(SD)IGS又はIGS生産システムを導入。
ISO9001認証取得。
1996年 1月
4月
Gold Standard System によるCD(SD)をCD(SD)IGSと呼称変更する。
神奈川県相模原市に技術センターを移転。
1997年 1月
GKラット発売。
1998年 1月
3月
7月
SJLマウス発売。
北山ラベス(株)におけるSPF Hartleyモルモット委託生産終了。
NCマウス発売。
1999年 5月
9月
WI(Glx/Brl/Han)ラット発売。
神奈川県愛甲郡に受託飼育施設(横浜SASセンター)を開設。
2000年11月
MULTICASE(生物活性予測プログラム)発売。
2001年 4月
7月
Zuckerラット発売。
The Jackson Laboratoryと国内販売に関する業務提携開始。
2002年 1月
CRアイティアス買収。
2003年 4月
The Jackson Laboratory C57BL/6Jマウス発売。
2004年 1月
2月
3月
4月
5月
10月
本社、東京営業所を現住所に移転。
The Jackson Laboratory db/dbマウス発売。
GKラット終売。
大阪府茨木市横江に2棟目の受託飼育施設(大阪SASセンター)を開設。
The Jackson Laboratory ob/obマウス発売。
Endosafe®-PTS(エンドトキシン測定用機器)発売
2005年 2月
3月
4月
9月
技術センターを神奈川県愛甲郡に移転。
STRマウス発売。SPF Hartleyモルモット終売。
Transgenic社との業務提携を開始。
RILD社との業務提携を開始。
2006年 4月
筑波営業所を閉所、機能は東京営業所に統合。
2007年 1月
4月

8月
12月
チャールス・リバー・ラボラトリーズの100%持ち株会社となる。
大阪SASセンターで試験サービス業務開始。
横浜SASセンター隣地に実験動物生産施設(横浜飼育センター)を開設。
横浜SASセンターにて試験サービス開始。
MRL-lprマウス、LECラット終売。
2008年 5月

12月
熊本大学生命資源研究・支援センター動物資源開発研究部門(CARD)との業務提携開始。
STRマウス、Donryuラット終売。
2009年 2月
3月
9月
IGS システムによる管理方法を取り入れて、WI(Han)ラットの販売を再開。
Marshall Beagle輸入供給終了。
MFIATM の受託試験を開始(Multiplexed Fluorometric Immuno Assay の略)。
2010年 1月
7月
11月
PCRの受託試験を開始。
SHOマウスを販売開始。
The Jackson Laboratory SJLマウス販売開始。
2012年 7月
The Jackson Laboratory NSGマウスの販売開始。
2013年 3月

5月
7月
10月
IGSシステム適応系統(ICRマウス,C3Hマウス, C57BL/6Nマウス, DBA/2Nマウス, B6C3F1マウス,B6D2F1マウス)供給開始。
Long-Evansラット、PCKラット販売開始。
The Jackson Laboratory NODマウス販売開始
SCID Beigeマウス販売開始。
2014年 1月
2月
3月
9月
B6 Albinoマウス販売開始。
厚木飼育センターにおいて実験動物生産施設等福祉認証を取得。
ライフテクノロジーズ社凍結肝細胞関連製品取り扱い終了。
トライアングル・リサーチ研究所(「TRL社」)と凍結肝細胞の日本での販売代理店契約を締結し販売を開始。
2015年 1月

3月

4月

7月
受託飼育サービス(スペシャルアニマルサービス)、微生物モニタリング(モニタリングセンター)の両事業を茨城県石岡市に竣工した新施設へ移転。
受託試験サービス(ディスカバリーサービス)を茨城県石岡市の新施設へ移転。
NODマウスを終売。
日野飼育センターにおいて実験動物生産施設等福祉認証を取得。
大阪営業所を高槻市へ移転。
国立研究開発法人理化学研究所バイオリソースセンター実験動物開発室より、終売した系統(C57BL/6NCrlCrlj, DBA/2NCrlCrlj, C3H/HeNCrlCrlj, CBA/JNCrlj, STR/OrtCrlj)供給開始。