事業方針

ライフサイエンスの分野では医薬品、化学品、農薬等の研究開発はもとより、あらゆる分野で国際性がより強く求められております。
Charles River Laboratoriesグループは、遺伝子組換えから始まり、高品質の実験動物、non-GLP試験および前臨床試験までをサポートできるグローバル企業です。

日本チャールス・リバー株式会社はCharles River Laboratoriesグループの一員としてお客様とのハーモナイゼーションを最優先とし、高品質でグローバルスタンダードな実験動物の供給のみならず、Charles River Laboratoriesのネットワークによる医薬品、化学品、農薬等の海外施設における受託試験、高品質ブリーダーのノウハウを生かした国内の充実した受託サービスおよび各種検査、試薬提供をとおして、創薬研究およびバイオテクノロジーの多様化のニーズに対応し、ライフサイエンスの発展への更なる貢献を目指します。

世界で60年の実績 : グローバルとローカルを両立しお客様第一を実践

チャールス・リバー・ラボラトリーズは1947年米国マサチューセッツ州で創立され、2007年で60周年を迎えました。
日本チャールス・リバーは1972年に創立、30年以上日本の製薬企業、研究機関への研究モデルおよびサービスの提供の実績を培ってきました。
また、米国、カナダ、英国の海外施設における医薬品、化学品、農薬等の試験受託サービスの窓口として、さらなるトータルソリューションの提供を目指し信頼のパートナーとして成長してまいります。