JAX® Mice生産システム

JAX® Mice生産システムについて

特徴

1. 日本チャールス・リバーは唯一の国内生産・供給拠点です。

The Jackson Laboratory(米国)とCharles River Laboratories(米国)は2001年、ヨーロッパ22ヶ国およびアジアでのジャクソン研究所の動物の生産・供給について独占的な契約を締結いたしました。
日本チャールス・リバーは、この契約に基づきJAX® Miceを2002年より導入し、国内での生産・供給を開始致しました。現在、B6J, CBA/J, SJL, NOD SCID, NSG, ob, db, NODを生産・供給しています。

2. 遺伝子解析の研究に安心してご利用頂けます。

日本チャールス・リバーが供給するJAX® Miceは、The Jackson Laboratoryで系統維持されているマウスと遺伝的な乖離が生じないよう、10世代以内に1回、定期的に基礎コロニーの入れ替えを行い、遺伝的な乖離が生じないような品質管理を行っています。

3. 年1回、The Jackson Laboratoryの査察を受けて、遺伝管理および品質管理をしています。

各種記録類、生産手法、実際の生産環境、表現型等、日本チャールス・リバーで生産される全てのThe Jackson Laboratoryの動物は最低1回/年、The Jackson Laboratoryの査察を受け、問題のないことを確認しています。

4. 遺伝検査を受けています。

国内生産されているJAX® Miceコロニーから採取されたDNAサンプルは、Single Nucleotide Polymorphism(SNP)により解析され、The Jackson Laboratoryの同系統のコロニーと遺伝学的に同等であることが確認されています。JAX® Miceでは遺伝管理だけでなく、以下の管理も実施しています。

  • 一部の系統ではGenetic Stability Programと呼ばれるコロニー維持システムにて供給されるThe Jackson LaboratoryのPedigreed stockから生産コロニーに、動物を再導入しています。
  • Pedigreed stockの子孫の追跡を維持するための厳密な記録を取っています。
  • 動物の健康管理や飼育のために、飼育計画の遵守と実践を行っています。

5. ”Genetic Stability Program”にて維持されている系統があります。

弊社国内生産のJAX® Miceのうち一部の系統はGenetic Stability Programにより維持されております。このGenetic Stability Programに関する情報につきましては、以下のサイトをご参照ください。
http://jaxmice.jax.org/news/2009/09patented.html