国内生産動物

日本チャールス・リバーは徹底した微生物モニタリングの実施によるSPF/VAFでの高品質な動物の安定供給はもとより、 遺伝モニタリングや飼育環境モニタリングも定期的に実施することで、動物特性の保持や異常環境、異常動物の早期発見を徹底しています。 さらに、世界的に汎用性の高いCD(SD)やWistar Hanといった系統では、新薬開発の国際化に対応するためIGSプログラムを採用し、 全世界で可能な限り遺伝的に均一な特性を持つ動物の生産を行っています。

また、チャールス・リバー・ラボラトリーズ・グループはヨーロッパ22ヵ国およびアジアでのJAX® Miceの生産・供給に関してThe Jackson Laboratoryと独占的な契約を締結しており、 日本国内唯一の生産・供給拠点となっています。私どもが供給するJAX® MiceとThe Jackson Laboratoryで系統維持されているマウスに遺伝的な乖離が生じないよう、 定期的な基礎コロニーの入れ替えや査察を受けることで遺伝管理や品質管理を徹底しています。