イベント

「第66回日本実験動物学会総会」における「器材展示」「ランチョンセミナー(事前予約開始)」のご案内

2019/04/02

日本チャールス・リバー株式会社は、第66回日本実験動物学会(福岡)において、
「器材展示」「ランチョンセミナー」を共催させていただきます。
今年度のランチョンセミナーは、席数を多めにご用意させていただくことになり
ましたので、ご案内とともに本日より事前予約を開始させていただきたいと存じ
ます。

[Charles River Luncheon Seminar2019]はこちらからダウンロードしてください。


皆様のお越しをスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

【Charles River 器材展示】
 日時:2018年5月15日(水)〜 5月17日(金)
 会場:福岡国際会議場2階 ブースNo.D-4
 展示内容:以下を予定しております。  
   ✓プロジェクターによる弊社のプロモーションのご案内
   ✓弊社各種カタログの配布
   ✓国内生産動物における新しい微生物モニタリングのご案内

【Charles River ランチョンセミナー】
 ランチョンセミナーNo.:ランチョンセミナー5 (番号変更になりました)
 日時:2018年5月16日(木)12:00〜13:00
 会場:第4会場(4階 409+410号室)
 演題:日本チャールス・リバーの国内生産動物における新しい微生物モニタリング
     〜より早く、より確実に、PCR試験の活用〜
 演者: 丸山 滋.
     日本チャールス・リバー株式会社 モニタリングセンター

〔概要〕
 日本チャールスリバーは本年4月に生産動物の微生物モニタリング方法を大きく
変更いたしました。微生物評価におけるPCR手法の持つ長所を最大限に生かし、複
数手法・複数サンプルで複合的に病原微生物を監視する極めて効率的な内容となっ
ております。本セミナーでは変更内容の詳細、特に、新たに導入した環境サンプル
のPCR試験について、収集データとともに紹介いたします。


実験動物ブリーダーは動物の品質管理方法において実験動物を取り扱う施設の先達
となるべき立場であり、従来法とは異なる新しい手法について有用性と正確性の提
示が我々の責務と考えております。弊社生産動物の品質向上に対する取組やPCR手
法への理解を深めていただき、皆様の施設における従来法からの代替促進にもご活
用いただけましたら幸いです。


〔事前予約方法について〕
 メールタイトルを「5/16 LS-5申込み」としていただき、以下の項目をお書き添
 えのうえ、web_order@crl.comまでお申込みください。
  ●お名前
  ●ご所属
  ●TEL
  ●メールアドレス

〔当日のチケットの配布について〕
    当日5月16日の朝は、午前8時30分より福岡国際会議場1Fロビー(エスカレーター
    周辺)にてチケットの配布をいたします。
  規定の席数を配布し終えました時点で配布終了となります。何卒ご了承ください。



【お問合わせ先】
 日本チャールス・リバー(株)
       営業部                              TEL: 045-474-9340
     マーケティング・ビジネスデベロップメント部   TEL: 045-474-9336
     E-mail: web_order@crl.com

        


一つ前に戻る