イベント

第46回日本毒性学会学術年会 企業展示、ランチョンセミナー、ポスター発表のご案内

2019/05/24

第46回日本毒性学会学術年会 企業展示、ランチョンセミナー、ポスター発表のご案内

    会 期 : 2019年6月26日(水)−28日(金)
    会 場 : アスティとくしま

チャールス・リバーは、本学会にて企業展示への出展、ランチョンセミナー(2題)
の共催およびポスター発表を行いますので、ご案内いたします。


 【ランチョンセミナー内容】
日時:6月26日(水)12:15〜13:15
会場:第6会場
[ランチョンセミナー5]
演題:
Charles River’s Approach:
1) Cell Therapy on Preclinical Research Consideration
2) CardioTox with iPS-Cardio Cell
3) Environmental Risk Assessment for Pharmaceuticals
講師:南 宏幸、 山口 卓二、上西 将路 (日本チャールス・リバー株式会社)



日時:6月28日(金)12:15〜13:15
会場:第6会場
[ランチョンセミナー14]
演題:
1) An Overview of Guidelines for Agrochemical and Chemical Registration:
 OECD 416 Two-Generation Reproduction Toxicity Study and OECD 443
 Extended One Generation Reproductive Toxicity Study
2) Juvenile Toxicity Studies in Non-Rodent Species: A Case Study
講師: Mathew B. Carlson(Charles River Horsham)



 【ポスター発表内容】
6月27日(木)ポスターセッション2日目
9:00-18:15 (質疑応答17:10 - 17:55) 
EUおよび日本における医薬品の環境リスク評価スキームの比較考察
Comparison of Environmental Risk Assessment Scheme on
Pharmaceuticals between EU and Japan
上西 将路1, 猪鼻 慧1, Daphne F. de ROODE2, 南 宏幸1
1 Charles River Japan , 2 Charles River Den Bosch BV


ランチョンセミナーはいずれも事前参加予約を承っておりますので、以下のメー
ルアドレスまで、ご所属、お名前、連絡先を記載のうえ Email にてご連絡いただ
きたくお願い致します。


展示ブースにて各演者との面談もアレンジいたしますので、ご希望をご連絡ください。
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。


【お問合せ先】
 日本チャールス・リバー(株)       営業部 TEL:045-474-9340
                                  infopcc-jp@crl.com

 


一つ前に戻る