BPNP2021 サテライトシンポジウム『B6J Aged 研究会 第3回 講演会』 共催のご案内(ハイブリッド開催)

 

チャールス・リバーは、2021年7月14日(水)~17日(金)にハイブリッド開催される第43回日本生物学的精神医学会・第51回日本神経精神薬理学会 合同年会(BPNP2021)において、7月13日(火)サテライトシンポジウムの開催で共催いたしますので、ご案内申し上げます。
みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

 

サテライトシンポジウム開催概要

日時:

  • 2021年7月13日(火)15:00~19:00
 

開催形式:

  • Web開催 / 国立京都国際会館 第2会場(Room D)
 

現地参加方法:

  • 6月1日(火)より7月12日(月)までの期間の場合、 専用フォーム からご登録ください。
    • ご登録後、自動返信メールを印刷し、当日に現地会場まで直接お越しください。
    • 自動返信メールを受付でご提出後、ご入場ください。
    • 当日現地でお申し込みの方は、受付にてお名刺をご提出ください。
 

WEB参加方法:

  • 「バーチャル3D展示会」 ページより、展示会登録を行ってください。
    • 当日はバーチャル3D展示会内のBPNP2021 サテライトシンポジウム『B6J Aged 研究会 第3回 講演会』会場へ、14時50分を目途にご来場ください。
 

B6J Aged 研究会 第3回 講演会の開催について

 

第3回B6J Aged 研究会 講演会をBPNP2021のサテライトシンポジウムとして開催いたします。
京都国際会議場 第2会場での現地講演およびオンライン配信の「ハイブリッド開催」といたします。
今回はBPNP 2021の大会長である宮川先生及び功刀先生のご厚意を賜り、サテライトシンポジウムとして共催させていただくことになりました。
今回の講演会は、テーマとして「加齢マウスのさらなる発展を探る」を掲げています。
少子高齢化社会に向かう今、加齢に伴う様々な疾患研究のために使用される実験動物のひとつであるB6J Agedマウスについて、その発展の可能性を探ることは非常に重要なテーマだと考えました。
シンポジウムでは、加齢マウスを用いた各方面の研究トピックスをご紹介いたします。
本研究会の趣旨としまして、ご参加者には加齢モデルの各種データのフィードバックやご自身のご研究経験に基づく発信を通じて、できるだけ多くのご参加者と幅広く情報を共有化し、意見交換をさ れる場としてご活用いただくことにより、ヒトの加齢にかかわる様々な疾患研究へお役立ちできる、ということを考えております。
現在、国内における新型コロナウイルス感染症拡大の状況の行方が不透明でありますことを鑑み、今回は懇親会の実施は見送らせていただきますが、現地のみならずオンライン配信を同時に実施することで、より安心・安全な環境下で全国各地より多くの方にもご参加いただけます。皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

B6J Aged 研究会 事務局
澤浦 雅人
日本チャールス・リバー株式会社内

 

ご講演情報 / タイムテーブル

ご案内までしばらくお待ちください。

 

【お問合せ先】
日本チャールス・リバー株式会社
営業本部 TEL:045-474-9340
AskCRJ@crl.com