White paper | EAD(排気ダスト)PCR試験による新しい病原微生物の検出手法のご案内

 

マイクロアイソレーションケージシステムは、マウスやラットなどの動物の維持と検疫に広く採用されています。
このシステムの従来の微生物モニタリング手法である、モニター(おとり)動物を利用した廃床敷交換方式は、伝播の困難な病原微生物の存在が確認されており、その有効性が疑問視されています。
廃棄ダスト(EAD:Exhaust Air Dust)によるPCR試験は、従来法の弱点を補ったホコリを検体とした微生物モニタリングです。
チャールス・リバーはアレンタウン社と提携して、個別換気ケージラックの排気プレナム内の気流から捕捉された環境ダストから病原微生物を検出する独自のシステムを開発して特許を取得しました。

本紙ではデータを示し、この手法の有効性と信頼性を解説しておりますので、ぜひご一読下さい。

 

EAD White paper


なお、EAD(排気ダスト)PCR試験の有効性はアレンタウン社製の個別換気ケージラックに限定したものではありません。ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

 

日本チャールス・リバー株式会社
営業本部
TEL:045-474-9340
E-mail: AskCRJ@crl.com