遺伝的浮動(Genetic Drift)関連リソース

チャールス・リバーは遺伝的浮動(Genetic Drift)による遺伝的乖離を最小限にするため、特別な遺伝管理プログラムを導入しています。

  • Charles River Laboratories 系統:International Genetic Standardization Program (IGS)
  • The Jackson Laboratory 系統(JAX® Mice):Genetic Stability Program (GSP)
 

チャールス・リバーの提供する関連リソースで、全ての独立した実験動物コロニーで起こる可能性がある『遺伝的浮動(Genetic Drift)』について知り、実験の再現性を高めましょう。

※ IGS および GSP 適用系統は、 『国内生産動物一覧』ページ の『遺伝管理』チェックボックスで選択/検索できます。

  

動画 | 遺伝的浮動(Genetic Drift)およびその影響を最小限に抑える方法

まずは動画で遺伝的浮動の概要を知りましょう。



 


クイズ | 遺伝的浮動(Genetic Drift)

次にクイズにチャレンジしましょう。全問正解できなかったら、もう一度動画で確認しましょう。


White Paper | マウスの研究において遺伝的浮動(genetic drift)を最小化し、
実験の再現性を最大化するための戦略

最後に、遺伝的浮動についてより詳細に知りたい方は、White Paper をご覧ください。

 

チャールス・リバーでは、実験動物の品質を無償でお試しいただける 『動物モデル評価プログラム』 をご用意しています。 遺伝管理プログラムを適用した実験動物のご試用に、同プログラムをお気軽にご活用ください。