BN/CrlCrlj

由来

一般名: B N

1976年米国チャールス・リバー社がRadiobiology Institute (オランダ)から導入。SPF 化後、再度帝王切開し1990年に日本チャールス・リバー(株)へ導入されました。


特徴

  • 有色(褐色)で小型
  • 高い免疫応答を示す
  • 自己免疫性腎炎研究
  • 間質性腎炎研究
  • 老化研究
  • 移植免疫研究
  • 免疫・アレルギー研究(喘息)
  • 大腸炎


毛色

Non-agouti brown


RT1: n



お問合せ・ご請求・ご注文

お問い合わせ専用サイトAnyTime 資料データ請求


関連情報



一般研究用データ



プロダクト一覧へ