ZDF-Leprfa/CrlCrlj

由来

一般名: ZDF

1974-75年に米国インディアナポリスのイーライリリー研究所にて糖尿病特徴を持つZuckerラットコロニーの一部をインディアナ医科大学に1977年に移動させました。1981年に選択され、1985年に近交化が確立。2001年に米国チャールス・リバーが導入し、2005年には日本チャールス・リバーに導入されました。


特徴

  • ヒト成人のII型糖尿病及びその合併症に近い症状を発症する。
  • ♂のホモ接合個体(Leprfa/ Leprfa)はPurina5008(粗蛋白質23.5%、粗脂肪6.5%)摂餌により肥満、高コレステロール、空腹時高血糖及びII型糖尿病を呈します。一方、ホモ接合体(+/+)とヘテロ接合体(Leprfa/+)は正常血糖値を示します。
    肥満は4週齢頃から外観的に認められ、体重は10週齢まで急速に増加。
    8週齢から血糖値上昇し、高血糖が維持される。
  • 血中インスリンは10週齢以降低下の傾向を示す。


毛色

Black hooked with black stripe down the length of the back.



お問合せ・ご請求・ご注文

製品/サービスの問い合わせ資料データ請求ご注文のお申込み


使用研究分野

  • 高グルコース血症
  • 高トリグリセリド血症
  • 高インスリン血症
  • インスリン抵抗性高コレステロール血症
  • 肥満腎障害
  • 創傷治癒遅延


交配と繁殖方法

ホモ接合体(Leprfa/Leprfa)は通常、雌雄とも不妊であり、ホモ接合体の肥満ラットは雌雄のヘテロ接合体 (Leprfa/+)の交配により維持・生産されます。

このラットは、購入後の繁殖やその子孫の分与ができなくなっております。 従いまして、ご購入前にその旨の誓約書の締結が必要になります。


関連情報



一般研究用データ



プロダクト一覧へ