C57BL/6NCrl

由来

一般名: B6N

1921年にC.C.LittleによってMiss Abby Lathropの維持コロニーから見出されました。(本コロニーからはC57BR やC57Lも作出されています。)1937年頃に6ラインと10ラインは別々に管理されるようになりました。1948年にHallからThe Jackson Laboratory に導入され、1951年にはF32でNIHに導入されました。1974年NIHよりCharles River Laboratories, Inc.(米国)に導入され、IGS生産システム化後、2012年に日本チャールス・リバー(株)へ再導入されました。 このIGSとはチャールス・リバーにより、開発された動物を生産・維持するシステムで、International Genetic Standardizationを意味しております。


特徴

  • 小眼・無眼が多い
  • 眼球の白濁や白内障が多い
  • 脱毛が生じやすい
  • 18ヵ月齢以上の自然発生腫瘍および種々の腫瘍の発生頻度が低い
  • アルコール嗜好性が高い
  • Th1側の免疫応答が高い
  • 細胞性免疫能の加齢による低下が少ない


毛色

Black



H2: b



お問合せ・ご請求・ご注文

お問い合わせ専用サイトAnyTime 資料データ請求


使用研究分野

  • 遺伝子改変動物の背景系統として使用されます
  • 発生工学分野で使用されます
  • 免疫(アレルギー、移植、感染)
  • 抗がん
  • 脳梗塞
  • 肥満
  • 糖尿


関連情報



一般研究用データ



プロダクト一覧へ