CAnN.Cg-Foxn1nu/CrlCrlj

由来

一般名: BALB/c-nu

米国チャールス・リバー社が1981年にBALB/cABomCr-nu/nu を導入。そのnu遺伝子をBALB/cAnNCrlに移入したものに由来。1987年 米国チャールス・リバー社より日本チャールス・リバー(株)に導入されました。


特徴

  • ヒト癌細胞の移植
  • モノクローナル抗体の作製


お問合せ・ご請求・ご注文

お問い合わせ専用サイトAnyTime 資料データ請求


ヌードマウス移植時の腫瘍の生着と増殖

(各種ヒト培養癌細胞のCAnN.Cg-Foxn1nu /CrlCrlj での移植)
Cell Type Cell Lines ヌードマウスへの生着 腫瘍倍加時間(日)** 腫瘍移植後
治療開始までの日数
Stomach St-4 11.6 18
MKN1 17.0 18
MKN7 7.2 15
MKN28 8.2 9
MKN45 8.1 11
MKN74 9.0 17
Renal RXL-631L 5.7 11
ACHN
Ovarian OVCAR-3
OVCAR-4
OVCAR-5 14.5 19
OVCAR-8 10.8 27
SK-OV-3 6.8 15
Melanoma LOX-IMVI 2.8 4
Lung NCI-H23 8.6 21
NCI-H226 7.6 21
NCI-H460 7.5 12
A549 12.8 17
DMS273 5.0 12
DMS114 8.8 17
Colon HCC2998 7.2 23
KM-12 5.0 10
HT-29 6.8 13
WiDr 7.4 14
HCT-15 9.0 17
HCT-116 5.3 11
Brain U251 7.3 13
SF-295 6.1 20
Breast HBC-4 12.4 19
BSY-1 6.0 21
HBC-5 15.0 29
MDA-MB-231 11.5 15
MCF7
Prostate PC-3 8.8 22
DU-145 11.3 11.3

○:治療実験済 △:生着確認
*:ヒト培養癌細胞パネルにリストされた癌細胞株
**:増殖曲線の直線部より算出
使用動物:SPF/VAF CAnN.Cg-Foxn1nu /CrlCrlj
(財)癌研究会癌化学療法センター 矢守隆夫、佐藤重男ら



関連情報



一般研究用データ



プロダクト一覧へ