C3H/HeNCrl

由来

一般名: C3H

1920年にStrong氏 によりBagg albino雌とDBA雄の交配から作出されました。1930年にAndervontに、その後F35でHestonへ導出され、1951年にF57でNIHへ導入されました。1974年にF102でCharles River Laboratories, Inc.(米国)に導入され、IGS生産システム化後、2012年に日本チャールス・リバー(株)へ再導入されました。このIGSとはチャールス・リバーにより、開発された動物を生産・維持するシステムで、International Genetic Standardizationを意味しております。


特徴

  • 発毛周期が比較的はっきりしている
  • MTV(乳がん因子)の因子は入っておりません
  • 雄に高月齢で肝がん高発
  • 遺伝的網膜異常
  • 神経疾患


毛色

Agouti



H2: k
可移植性腫瘍: MM102, FM3A, MH134



お問合せ・ご請求・ご注文

製品/サービスの問い合わせ資料データ請求ご注文のお申込み


使用研究分野

  • 免疫
  • 育毛試験
  • がん(発がん性・抗がん)


関連情報



一般研究用データ



プロダクト一覧へ