Crlj:CD1-Foxn1nu

由来

一般名: ICR-nu

米国チャールス・リバー社がCD-1にnu遺伝子を導入して作出したものに由来。 1981年日本チャールス・リバー(株)に導入されました。


特徴

  • 大きく丈夫(BALB/c-nu と比較)
  • モノクローナル抗体の作製
  • ヒト癌細胞の移植


お問合せ・ご請求・ご注文

製品/サービスの問い合わせ資料データ請求ご注文のお申込み


関連情報



一般研究用データ



プロダクト一覧へ