B6N-Tyrc-Brd/BrdCrCrl

由来

一般名: B6 Albino

2000年にBaylor医科大学のAllan Bradley博士からNCIに導入されました。
B6アルビノ系統はC57BL/6系統からの自然発症コアイソジェニックのアルビノです。本系統はチロシナーゼ遺伝子に変異があり、アルビノです。
2009年にNCIからCharles River Laboratories Inc(米国)へ導入され、2013年に日本チャールス・リバー(株)に導入されました。


特徴

なし



毛色

Albino



H2:b



ご注意

既存の国内生産動物に比べ、生産コロニーを小さく維持しております。そのため、多数のご使用や定期的なご購入を検討されているお客様は、お早めに弊社営業担当までご連絡いただけますようお願いいたします。生産規模の調整等も含め、ご対応させていただきます。



お問合せ・ご請求・ご注文

製品/サービスの問い合わせ資料データ請求ご注文のお申込み


使用研究分野

  • C57BL/6系の遺伝子改変動物の作製のバックグラウンド系統


関連情報



プロダクト一覧へ