SHR/NCrlCrlj

由来

一般名: SHR

岡本教授らがWistarの中から高血圧を自然発症する系統を選択、兄妹交配を継代し確立。岡本(1959年)→National Heart Institute(1966年, F13)→NIH (1968年)→1973年 F32で米国チャールス・リバー社に導入されSPF 化後、1980年 F51で日本チャールス・リバー(株)に導入されました。


特徴

  • 高血圧モデル
  • 脳虚血モデル
  • 心循環
  • 中枢
  • 多動症(Attention Deficit Hyperactivity Disorder モデル)


毛色

Albino


RT1: k



お問合せ・ご請求・ご注文

製品/サービスの問い合わせ資料データ請求ご注文のお申込み


関連情報



一般研究用データ



プロダクト一覧へ