Crlj:WI

由来

一般名: Wistar

Crlj:WIラットは1947年に米国Wistar Instituteから英国チャールス・リバー社の前身であるScientific Products Farm, Ltdに導入されたものに由来します。
1975年に米国チャールス・リバー社に移され、1981年にノトバイオート種親群を日本チャールス・リバー(株)に導入しました。


特徴

  • 比較的大型で発育が良い
  • おとなしくて取り扱いやすい
  • 繁殖性良好
  • 国際的に通用しているWistarラットの諸特性を備えている
  • 一般研究用として利用範囲が広い(薬効薬理試験など)脳虚血試験にも使用される


毛色

Albino


お問合せ・ご請求・ご注文

製品/サービスの問い合わせ資料データ請求ご注文のお申込み


使用研究分野

  • 安全性・安全性薬理、薬物動態
  • 炎症(潰瘍 肝炎 腎炎 関節炎)
  • 免疫(アレルギー)
  • 癌(発癌)
  • 循環(脳循環 心循環) 動静脈シャントモデル(血栓が多く採取できる)
  • 代謝(糖尿)
  • 神経系(中枢 行動)
  • 老化


関連情報



一般研究用データ



プロダクト一覧へ