生産供給を終了した系統

日本チャールス・リバーにて生産供給を終了した以下の系統は、国立研究開発法人 理化学研究所バイオリソースセンター 実験動物開発室のご協力により、引き続き同センターより供給をしております。
入手方法についてのお問合せは、 へご連絡をお願い致します。

同センター《日本チャールス・リバーにて生産供給を終了した系統の寄託》ページへの
リンクはこちら(http://mus.brc.riken.jp/ja/crlj)から。


Strain Name:C57BL/6NCrlCrlj

RBRC No. RBRC06453
http://www2.brc.riken.jp/lab/animal/detail.php?brc_no=RBRC06453&skey=&keito=C57BL%2F6NCrlCrlj&dna=&brcno=

 1921年にC.C.LittleによってMiss Abby Lathropの維持コロニーから見出されました。(本コロニーからはC57BR やC57Lも作出されています。)1937年頃に6ラインと10ラインは別々に管理されるようになりました。1948年にHallからThe Jackson Laboratory に導入され、1951年にはF32でNIHに導入されました。1974年NIHよりCharles River Laboratories, Inc.(米国)に導入され、1976年F101で日本チャールス・リバー株式会社へ導入しました。2014年9月まで販売しておりました。

Strain Name:DBA/2NCrlCrlj

RBRC No. RBRC06454
http://www2.brc.riken.jp/lab/animal/detail.php?brc_no=RBRC06454&skey=&keito=DBA%2F2NCrlCrlj&dna=&brcno=

 The Jackson LaboratoryからMider (1938年)→NIH (1951年, F34)→Kansas Univ.→Texas Inbred (1963年, F78)と経て、1966年F84でCharles River Laboratories, Inc.(米国)に導入された後、1976年F104で日本チャールス・リバー株式会社へ導入しました。2015年5月まで販売しておりました。

Strain Name:C3H/HeNCrlCrlj

RBRC No. RBRC06455
http://www2.brc.riken.jp/lab/animal/detail.php?brc_no=RBRC06455&skey=&keito=C3H%2FHeNCrlCrlj&dna=&brcno=

 1920年にStrong氏 によりBagg albino雌とDBA雄の交配から作出されました。1930年にAndervontに、その後F35でHestonへ導出され、1951年にF57でNIHへ導入されました。1974年にF102でCharles River Laboratories, Inc.(米国)に導入され、1976年F115で日本チャールス・リバー株式会社へ導入しました。2014年3月まで販売しておりました。

Strain Name:CBA/JNCrlj

RBRC No. RBRC06456
http://www2.brc.riken.jp/lab/animal/detail.php?brc_no=RBRC06456&skey=&keito=CBA%2FJNCrlj&dna=&brcno=

 1980年にNIHからCharles River Laboratories, Inc.(米国)に導入され、1980年日本チャールス・リバー株式会社へ導入しました。2010年1月まで販売しておりました。

Strain Name:STR/OrtCrlj

RBRC No. RBRC06803
http://www2.brc.riken.jp/lab/animal/detail.php?brc_no=RBRC06803&skey=&keito=STR%2FOrtCrlj&dna=&brcno=

 STR/1N は、高脂血症を示すSTR/N (F29)よりまだら模様で膝関節変形を呈する個体として分離された。STR/Ort はSTR/1N より派生した1系統であり、欧米を中心に変形性膝関節症の基礎研究に用いられている。Charles River Laboratories, Inc.(米国)で SFP 化された後、日本チャールス・リバー株式会社へ導入しました。2008 年12 月まで販売しておりました。

プロダクト一覧へ