ジャクソン研究所のPDXマウス、ヒト化マウス

日本チャールス・リバーは、ジャクソン研究所が作成したPDXマウス・ヒト化マウス(Humanized mice)を日本へ輸入し供給しています。
是非、Ready to UseのPDXマウスおよびヒト化マウスをご利用ください。

製品/サービスの問い合わせ資料データ請求ご注文のお申込み

PDXマウス

ジャクソン研究所は、患者由来のがん組織(PDX腫瘍)を超免疫不全のNSGマウスに移植したPDXマウスを作成し、世界中に供給しています。

これらのPDX腫瘍は、ジャクソン研究所が契約した米国の病院で、インフォームドコンセントを得たうえで収集され利用されます。

日本では、日本チャールス・リバーにご発注いただくことで、これらのマウスを入手できます。

                                    

Mouse Tumor Biology Database

ジャクソン研究所は、Mouse Tumor Biology Database (MTB) を準備し、PDX腫瘍の特性に関するデータを掲載しています。

このデータベースには、PDX腫瘍をご提供いただいた患者様の、年齢、性別等情報から、Gene expression, Gene CNV, 病理標本、腫瘍増殖曲線等多くの情報が含まれています。

MTBで研究目的に適したモデルをお探しいただくことで、適切なモデルを使用することが可能になります。

     検索はこちらから⇒

FFPE PDX スライド

ジャクソン研究所では、PDX腫瘍のFFPEスライド (Formalin Fixed Paraffin Embedded) を販売しています。ご希望のPDX腫瘍のFFPE スライドを事前に入手し、プロファイルの事前調査や、バイオマーカーアッセイを実施することで、貴重な時間を節約することができます。

ヒト化マウス

ジャクソン研究所では、超免疫不全マウスである、NSGまたはNSG-SGM3マウスにhCD34+細胞を移植し作製しています。移植12週間以上経過後、末梢血中のhCD45+細胞数が測定され、25%以上のキメラ率を示した個体がヒト化マウスとして出荷対象になります。

NSGとSGM3マウス

ジャクソン研究所が供給するヒト化マウスはNSGとNSG-SGM3の2系統ございます。

hCD34+細胞移植後の系統差については下記表をご確認ください。

                                NSG                            NSG-SGM3
  • T細胞応答が良好
  • ヒト骨髄系細胞が分化、制御性T細胞の分化
  • 骨髄系細胞分化は不十分
  • AMLの移植率向上

免疫チェックポイント阻害剤の評価

ジャクソン研究所は、ヒト化マウスに腫瘍を移植し、免疫チェックポイント阻害剤の評価が可能であるというデータを公表しています。

是非ヒト化マウスをご購入いただき、免疫チェックポイント阻害剤の評価にご利用いただけますようお願い申し上げます。

 

製品/サービスの問い合わせ資料データ請求ご注文のお申込み


いつでもお気軽にお問い合わせください。