安全性・薬効薬理試験受託・バイオ医薬品製造サポート |    日本チャールス・リバー

非臨床試験・バイオアナリシス

最大手の非臨床試験CROとして、安全性試験、薬物動態試験、バイオアナリシス、病理検査を、低分子医薬品、抗体医薬・核酸医薬をはじめとするあらゆるタイプのバイオ医薬品、医療機器の研究開発のあらゆる段階で、世界大手製薬メーカーからバイオベンチャー、アカデミアのお客様へ提供しています。再生医療用細胞の毒性試験、造腫瘍性試験、分布試験の対応にもいち早く着手し、すでに多くのご依頼を頂いております。

特に、吸入毒性試験、インフュージョン試験、生殖・発生毒性試験、光毒性試験、テレメトリー試験、組織交差性試験については比類のない実績がございます。

すべての試験施設がAAALAC認証を取得しており、英国エディンバラ施設はもとより北米施設でも、EU Directiveに準拠した飼育法にて試験を実施いたします。また、対象試験のSENDパッケージも提供を開始しております。

農薬・動物用医薬品の登録・申請に必要となる試験のご依頼についても、豊富な実績・サービスラインナップでお応えいたします。


化学品の受託試験・法規制対応サービス

チャールス・リバーでは、世界各国の化学品の上市に必要な試験の受託および法規制対応サービスを提供いたします。各国規制に精通した専門家が、上市計画を見据えた法規制コンサルティングから申請書の作成、各国の法規要件に準拠した試験データの取得まで、トータルにサポートいたします。 受託試験では、脊椎動物を用いたin vivo試験に加え、in vitro、 in silico、in chemico等の代替法を用いた段階的な安全性評価を実施いたします。生態毒性、分解性、環境運命等の水生・陸生環境でのリスク評価、物理化学特性試験や各種分析試験も受託いたします。

バイオ医薬品サービス

バイオ医薬品、血液製剤、ワクチン等の生物由来の原料を利用した医薬品や医療機器に特異的なサービスを提供しており、日米欧をはじめとする世界中の研究機関や製薬・医療機器メーカーにご利用いただいております。



お問い合わせから試験終了までの流れFAQFAQ