ゲノム編集/遺伝子改変マウス作製サービス

創薬プロセスを革新する最新のin vivo研究ツールを提供しています。
CRISPR-Cas9によるゲノム編集マウスの作製を、筑波大学生命科学動物資源センターとの連携により、最新の技術を取り込みながら幅広い種類のゲノム編集/遺伝子改変マウスの作製サービスをご提供しています。

ゲノム編集/遺伝子改変マウス作製サービス リーフレット

製品/サービスの問い合わせ資料データ請求ご注文のお申込み

ゲノム編集/遺伝子改変の種類

Transgenic / トランスジェニック / 遺伝子導入:

- 目的DNA断片がゲノム上へランダムに導入されたマウスを作製します


Knock-out / ノックアウト / 遺伝子破壊:

- 標的遺伝子のエクソン領域を欠損させることで、標的遺伝子が破壊されたマウスを作製します。


Point mutant(s) / ポイントミューテーション / 点変異:

- 標的遺伝子の特定塩基を置換または挿入された点変異マウスを作製します。
- 臨床で見つかった変異をマウスで再現するなどができます。


ssODN Knock-in / オリゴDNAノックイン / 短鎖 (1 – 100bp) ノックイン:

- 100塩基程度までの短いDNA断片がゲノム上の標的領域へノックインされたマウスを作製します。


Flox (flanked loxP) / フロックス /(コンディショナルノックアウト):

- 標的遺伝子のエクソン領域の両端にloxP配列を持ったマウスを作製します。


Fragment Knock-in / フラグメントノックイン / 長鎖 (4-5kbp) ノックイン:

- 約5,000塩基程度の長いDNA断片がゲノム上の標的領域へノックインされたマウスを作製します。
- 特定遺伝子のヒト化や、新しいCre KIドライバーマウスの作製などができます。

ゲノム編集/遺伝子改変の種類と遺伝子名があればデザイン案の設計が可能です

価格




*価格は全て税抜きです
**導入するDNA断片は別途お客様にご用意いただきます
***DNA断片をご用意いただく期間を含めた納期目安です

筑波大学 生命科学動物資源センター 作製実績 (〜2019年1月現在)

筑波大学 生命科学動物資源センターで作製されたマウス等を利用した学術研究論文

Honda T, PNAS. 2018
Mali GR, Elife. 2018
Wang Z, Nature. 2018
Funato H, Nature. 2016
Ohmura S, J Clin Invest. 2016

Toki T, Am J Hum Genet. 2018
Sato Y, Kidney Int. 2018
Tokue M, Stem Cell Reports. 2017
Kataoka K, Nature. 2016
など

ゲノム編集マウスパッケージサービス

ゲノム編集マウスのライン化とホモ化をパッケージでご提供します
CRISPR-Cas9により作製したゲノム編集/遺伝子改変マウスのライン化/ホモ化を最短期間で、単一価格で実施するパッケージサービスをご提供しています。ゲノム編集マウス作製サービスの追加オプションとして、煩雑な解析作業や胚操作作業をお任せください。

F1ライン化パッケージ:
ゲノム編集/遺伝子改変マウス作製サービスで獲得したF0マウスとWild Typeマウスを自然交配させて、F1マウスを獲得します。F0マウスは体細胞モザイクになっている可能性が高いですが、この作業によりモザイク性が排除されたヘテロ遺伝子型のマウスを獲得できます。

*自然交配でF1マウスが得られない場合、ご希望によりF0♂マウスの凍結精子を作製します
**価格は全て税抜きです

IVFホモ化パッケージ:
F1ライン化したヘテロ遺伝子型マウスから、一定数以上のホモ遺伝子型動物を最短期間で獲得します。F1オスマウスとWild Typeメスマウスで体外受精を行い、得られたF2ヘテロ遺伝子型マウス同士を自然交配させて、F3ホモ遺伝子型マウスを獲得します。

**価格は全て税抜きです
***上限匹数を超えてF2/F3マウスが獲得できた場合、解析対象マウスをご相談いたします

ゲノム編集マウスパッケージサービス リーフレット



CRISPR-Cas9ライセンスについて

チャールス・リバーグループは、ブロード研究所(Broad Institute)およびERSゲノミクス(ERS genomics)とCRISPR-Cas9を用いたゲノム編集特許の使用許諾契約を締結しました。この契約は日本チャールス・リバー株式会社でのゲノム編集技術の使用および筑波大学へのサブライセンスを含みます。弊社を通して作製したゲノム編集/遺伝子改変マウスは、ご依頼者自身の研究への利用(医薬品申請、論文発表)が可能です。

また、作製したマウスについて、以下の事項の遵守をお願いいたします。
1. 依頼者内での研究以外のいかなる目的のためにも使用しない
2. 第三者へ販売もしくは提供しない
3. マウスに関する繁殖や他のサービスを提供させるためにいかなる代行者や第三者にも提供しない


ご不明な点は問い合わせ先までご連絡ください。

CRISPR-Cas9 used under licenses to granted and pending US and international patents from The Broad Institute and ERS Genomics Limited.

ご不明な点はお問合せ下さい

製品/サービスの問い合わせ資料データ請求ご注文のお申込み